住信SBIネット銀行の電話確認あり?在籍確認が不安な方へ

住信SBIネット銀行の電話確認あり?在籍確認が不安な方へ融資商品では、しばしば電話確認があります。その商品に申し込みをすると、たいてい職場に電話が行く事になります。

 

中には例外的な会社もあるのですが、ほとんどの所は架電確認がありますね。

 

その目的ですが、勤務している事実を確認する為です。確認が取れれば、たいてい金融業者から融資を受ける事ができます。なぜなら確認電話は、審査の最終段階で行われているからです。

 

では住信SBIネット銀行の場合はどうなっているかと言うと、架電は発生します。

 

この金融機関の場合は、審査は2段階で行われています。

 

2段階目の審査にて電話が行く事になるのですが、もちろん電話の行き先は勤務先になります。その架電確認が完了すれば、大抵の場合は融資が可能になります。

 

というのもこの銀行のその架電確認は、審査の最終段階で行われているのです。

 

ですのでその架電時に何かの不審点などが見られなければ、基本的には借りられると考えて良いでしょう。

 

万が一不審な点があった場合は、お断りになる事もあります。

 

ちなみに架電確認が終了した後には、この銀行からメールが届きます。借入可能になったと通知するメールですね。

 

なお住信SBIネット銀行による電話での名乗りは、オペレーターの個人名になります。社名は名乗られません。

Mr.カードローンの借り入れ上限額は他社と比べて高いか

カードローンには、借り入れ可能な限界額があります。大抵それは、申し込み時に決定する事になります。

 

例えば限度額が70万円と設定されている時には、70万円以下での借り入れをする事は可能です。もちろん71万以上の借り入れは不可能になります。いわゆる上限が決まっている訳ですね。ちなみにその金額は、審査によって決定されます。

 

ただその限界額も、金融会社によって色々です。最大で500万円までと決まっている金融会社もあれば、300万円以下の会社など様々です。

 

ところで住信SBIネット銀行は、かなり限界額が高めになります。最高で1000万円までの利用が可能です。

 

他の金融会社の場合は、そこまで高くありません。500万円台の所がほとんどですね。高くても800万円台になっているのが実情です。銀行は比較的高い方ですが、それでもこの銀行ほど高い所はほぼ見られません。

 

そして融資商品を検討している方の中には、少々まとまった資金での借り入れを考えている事もあるでしょう。この銀行によるMr.カードローンは限界額がかなり高めに設定されていますので、多く借りたい方には最適ですね。

 

ただ高い金額での限度額となると、審査の基準なども厳しくなってくる傾向があります。

 

 

住信SBIネット銀行カードローン審査基準 お金が必要だが審査が不安

 

住信SBIネット銀行は日本のネット銀行の中では預金残高が一番多く、最大手のネット銀行です。このため、口座を開設して利用している人も非常に多くいます。銀行の普通預金口座を開設している方でお金が必要になった場合には、住信SBIネット銀行のカードローン「MR.カードローン」を利用することができます。

 

「MR.カードローン」の概要ですが、プレミアムコースとスタンダードコースの2種類があり、申し込みをした人の属性などによってコースが決められます。両方とも最低利用限度額は10万円と低めに設定されていますが、プレミアムコースは最高1,200万円まで、スタンダードコースは最高300万円までです。最低限度額が低く設定されているので、年収額が少ない方でも低い限度額でカードローンが利用できます。利率はプレミアムコースは年0.99%〜7.99%、スタンダードコースは年8.39%〜14.79%です。大半の人は最高利率が適用されるので、年7.99%または14.79%が適用されます。

 

「MR.カードローン」の申込方法はインターネットのみで、郵送や有人窓口では手続きができません。申し込みをしてからキャッシングが利用できるようになるまでに数日間を要します。返済方法は毎月指定日に銀行口座から引き落とされますが、ATM手数料を支払えば繰上返済も可能です。

 

カードローンを利用する際に一番気になるのは審査基準です。「MR.カードローン」は低利で審査が厳しいと思われがちですが、スタンダードコースの金利はメガバンクや多くの地方銀行のカードローンとほぼ同じ水準(年率14%台)に設定されています。つまり、金利が低いプレミアムコースに選ばれるための基準が厳しいのであり、利率を比較する限り「MR.カードローン」の審査基準が他の銀行カードローンと比較して厳しいという訳ではありません。

 

住信SBIネット銀行はネット銀行なので、一般的な地方銀行や都市銀行と比べて人件費や店舗の維持費用が低く抑えられています。さらに「MR.カードローン」の申込方法や利用開始までに要する日数、返済方法などの点で一般的な銀行カードローンや消費者金融のサービスと比較すると、必ずしも利便性が高いとは言えません。利便性を犠牲にするかわりに必要経費がカットされているので、同じ利率の他の銀行カードローンよりも「MR.カードローン」の方が貸し倒れリスクの高い顧客にも融資が可能であることを意味しています。すなわち、同じ金利の一般の銀行カードローンよりも「MR.カードローン」の方が審査基準が緩いと言えます。

 

「MR.カードローン」の審査基準の内容は明らかにされていませんが、公式サイトに記されている内容からある程度推測することができます。サイトの「はじめてのかたの疑問解消Q&A」を見ると、「派遣社員ですが、カードローンの申込みはできますか?」の質問に対して、「安定継続した収入があればお申込みいただけます。」と記されています。

 

このような質問が掲載されていることから、「MR.カードローン」では非正規雇用の人も歓迎していることをアピールしていることが分かります。口コミサイトには、30代の地方公務員や一般企業の正社員の人が申し込みをしたら、プレミアムコースに選ばれたとの報告が寄せられています。

 

プレミアムコースと聞くと企業の役員や高級官僚などのハイクラスな人を思い浮かべるかもしれませんが、「MR.カードローン」ではごく普通の一般的なサラリーマンでもプレミアムコースに割り振られています。このことから、派遣・契約社員などの非正規雇用で仕事をしている人であれば、スタンダードコースで審査に通過する可能性が高いと言えます。

 

一般的に他社からの借り入れがあると、カードローンの審査が厳しくなる傾向が見られます。

 

「MR.カードローン」の商品説明を見ると、他社ローンの借り換えも可能であることが明示されています。このことから、住信SBIネット銀行は消費者金融や他の銀行カードローンからの借り換え目的でカードローンを利用する客を歓迎していることが分かります。

 

消費者金融からの借り入れがある場合でも、過去に滞納などのトラブルを経験していない場合には審査が不利になることがないと考えられます。

 

 

「MR.カードローン」ではSMBCコンシューマーファイナンスまたは住信SBIネット銀カードの2社が保証会社として審査を行います。

 

いずれかの審査に通過すればカードローンが利用できます。複数の保証会社が指定されていることは、それだけ審査に通過する可能性が高いことを意味します。

 

SMBCコンシューマーファイナンスはプロミスの審査部門なので、銀行が独自に審査を行うよりも基準が緩くなります。

 

「MR.カードローン」に申し込みをすると、審査の際に電話で職場の在籍確認が実施されます。オペレータは個人名を名乗りますが、お願いすれば銀行名を名乗ってもらうことも可能です。

 

総合的に判断すると、住信SBIネット銀行のカードローンの審査は他社よりも厳しい訳ではないことが分かります。